×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

〈天皇制廃止に関する法律(案)〉






第1条 天皇制はこれを廃止する。

第2条 天皇は国民および国民統合の象徴であることを廃止する。

第3条 天皇の国事行為はこれを廃止する。

第4条 天皇および皇族への特別な措置はこれを廃止する。

 第1項 皇族予算はこれを廃止する。

 第2項 天皇および皇族は納税の義務を負う。

 第3項 その他天皇および皇族の特別な権利はこれを認めない。

第5条 国旗及び国歌に関する法律はこれを廃止する。

第6条 天皇は政治に関与してはならない。また、天皇を利用した政治行為はこれを禁ずる。

第7条 天皇は宗教に関与してはならない。また、天皇を利用した宗教行為はこれを禁ずる。


【説明】

 日本国憲法にはいくつもの矛盾があるが、その一つが「象徴天皇制」である。
 一方で「主権在民」を唱い、一方で「天皇」を超法規的な象徴と規定している。 「すべての国民は法の下に平等」と規定しながら超法規的な「天皇」存在を規定しているということは、 天皇が「国民」ではなく、支配する側の存在であることを前提にしている規定に他ならない。
 この記載は、家制度の温存であり、身分差別・民族差別を容認する差別規定である。
 この矛盾は「主権在民」の方向で解消されるべきである。







Copyright(C)ポリシー少数派. All Rights Reserved.