×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


万国の労働者団結せよ!
発行者 現代社

東京都杉並区下高井戸1-34-9

革命的労働者協会
(社会党・社青同 解放派)

【解放 972号 (2011/1/1) 《年頭論文》 】【 以下、無断転載・無断作成 】



はじめに
第1章 世界恐慌の深化と反革命戦争突撃
第2章 深まる恐慌−戦争突撃、菅連合政府による首切り合理化・増税−「社会保障」切りすて攻撃
第3章 2010年の闘いの地平−恐慌下・朝鮮反革命戦争下の、問われている飛躍の課題
第4章 朝鮮反革命戦争と対決しファシズム粉砕−プロレタリア権力闘争の飛躍へ
第5章 2011年の闘いの方針
第6章 排外主義−戦争突撃と対決し、「正規」−「非正規」つらぬく階級的労働運動の建設を
第7章 組対法・破防法攻撃を粉砕し共産主義的労働者党−非合法革命党建設を
第8章 同志中原虐殺報復−反革命革マルを解体・絶滅せよ
第9章 五同志虐殺報復−木元グループを解体・根絶せよ


第9章 5同志虐殺報復−木元グループを解体・根絶せよ

戦争下の白色テロリスト=木元グループを解体・根絶する

 われわれは、親ファシストーミニ・スターリン主義的私的サークル集団=木元グループに対し、朝鮮反革命戦争粉砕、<三里塚・組対法決戦>の烈火のなかで、五同志虐殺報復−木元グループ解体・根絶戦勝利を闘いとる。
 木元グループは朝鮮反革命戦争下の反革命として純化している。「尖閣諸島」「竹島」呼称を前面にかかげ、帝国主義的領土要求への対決のかけらもない姿をさらけ出している。
 昨年十一月の陸上自衛隊大宮駐屯地への「ゲリラ」は、<三里塚・組対法決戦>を闘う解放派へのテロルのための「腐ったゲリラ」である。白色テロリストどもの「戦闘詳報」に掲載された解放派に対するテロ宣言にその核心がある。
 われわれは、朝鮮反革命戦争粉砕の闘いと木元グループ解体戦とを一つのものとして闘いぬく。
 木元グループは、一九九〇年の天皇決戦を転換点とした権力闘争の飛躍と、これを実現する党・軍建建設−統一戦線・共同戦線建設−全運動のソビエト的転換の大道から、破防法攻撃に対する恐怖をもって解放派から逃亡し、そのために党・軍破壊にのめりこんだ転向分子である。ファシストとの屈服・和解を解放派に強制することで、解放派組織総体の転向をもくろんだ親ファシスト分子である。そしてそれと表裏一体に、反革命革マル解体・絶滅戦から逃亡した親革マル分子であり、指導的同志に対する抹殺願望を抱くまでに転落した党破壊・軍破壊分子、権力に対する投降分子である。
 米帝発の恐慌に突入した二〇〇八年九月以降、ついに「恐慌」とは一言も言わず、しかも「恐慌切迫情勢」とくり返している。
 そして「米帝−帝国主義は避けることのできない世界恐慌の前に階級闘争を鎮圧・解体するために国際反革命戦争に突入(しようとしている)」と口走った。つまり、木元グループの本音は、”世界恐慌が来れば自分たちが「鎮圧・解体」されてしまう。だからまだ世界恐慌ではない、そうであってほしくない”ということなのだ。
 自分たちの延命のために階級闘争の静穏を願う−反革命革マルがそうであるように、これが反革命の本音である。

差別主義転向分子=木元グループを全戦線から一掃する

 木元グループの延命の根底は、「病者」「障害者」に対する許すことのできない差別主義に貫かれている。
 木元グループは翼賛勢力の先兵として、戦時抹殺攻撃の一翼として差別虐殺者に純化した。とりわけいま、権力の保安処分攻撃−戦時抹殺攻撃を自らの力とし、「障害者」「病者」に対する差別主義虐殺を延命のエネルギーとしている。木元グループはその出発直後から、わが同志に対する白色テロルとひとつのものとして「障害者」「病者」に対する差別主義襲撃を加えてきた。九九年の全障連大会会場で戦闘的「障害者」への襲撃−拉致を図った。これは当該「障害者」の反撃と多くの闘う「障害者」の弾劾により未遂に終わった。そして以降、とりわけ同年十一月の同志森田虐殺以降、全障連九州ブロックの「障害者」に対する権力監視下での襲撃待ち伏せ襲撃をくり返してきた。
 木元グループの差別主義敵対言動は、二〇〇〇年以降の「障害者」「病者」解放運動の死活をかけた一進一退 のただなかで日々悪質化してきた。〇三年五月、まさに今回の組対法−破防法攻撃が弾圧の対象としているその転換点といえる時期に、木元グループは太宰府市役所に対して「『つどいの家』への補助金を打ち切って下さい」と陳情をおこない、太宰府市行政の権力への通報とともに五・一三弾圧の下手人となっているのだ。そして〇六年十月二十九日、融和主義勢力とともに会場内に警察を導入して、全障連九州ブロックをはじめとした戦闘的「障害者」をパージするための「融和集会」に総力でなだれこんだ。「全障連」をかたって「障害者」「病者」の闘いを破壊することにおいて、「党派」として存在するところにまでふみこんだのである。阻止共闘で闘う「病者」に対しては、名ざしで差別虐殺を宣言するなど、権力の保安処分攻撃と一体となった差別主義者として純化している。
 いま木元グループは、日帝が戦争遂行下、ファシストを先頭に進めてきた排外主義・差別主義テロル、被抑圧人民・被差別大衆の自主的闘争組織に対する破壊、その核心としての糾弾闘争の否定、そして本格化した戦時「障害者」「病者」抹殺攻撃、保安処分攻撃−こうした攻撃を自らの力とし、その先兵として抹殺・虐殺を公言しているのである。
 われわれは、労働者解放・全人民解放「あらゆる差別・抑圧の廃絶をかちとるプロレタリア・共産主義革命の名において、木元グループを解体・根絶する。

五同志虐殺報復−首謀者・白色テロリストの打倒を

 朝鮮反革命戦争下、木元グループ解体・根絶戦と権力闘争が新たな意義を発揮している。
 すなわち、第一に、敵との攻防においては、戦時下の治安弾圧・戒厳令、排外主義・差別主義テロルの一翼を担う反革命を、恐慌下の朝鮮反革命戦争の直下で、階級支配の転換と闘いの転換のただなかで解体・根絶していく闘いとして。
 第二に、解放派の歴史においては、権力闘争の飛躍にむけた闘いに縮みあがり、先頭で闘う指導的同志の抹殺を権力と呼応して進め、党・軍破壊活動に公然とふみこむやただちに同志に対する白色テロルを始動した転向反革命の打倒として。
 第三に、革命党建設の過程としては、公然−非公然、軍事・政治を貫いて一つの闘いとして、公然の同志は反革命の血しぶきを正面からうけながら一歩も退かずに攻勢を堅持し、不断の索敵・防衛−共同防衛の闘いを拡大し、非公然の同志は敵の白色テロルに対して先制的に攻勢的に闘い飛躍をとおして戦果をもぎ取り、「党=軍路線」を突破した建軍闘争を前進させる闘いとして。
 そして第四に、三里塚、国鉄−争議、「寄せ場」、明大・九大−学園、「障害者」「病者」解放闘争、部落解放闘争、沖縄人民解放闘争、そして対革マル戦、対ファシスト戦の全領域において、戦闘的大衆闘争拠点を強化し発展させ勝利させていくための闘いとして。
 われわれは、自らの全責任においてこの戦争下の白色テロリスト、親ファシスト−ミニ・スターリン主義的私的サークル集団=木元グループを解体・根絶する。
 彼らは、脱走と同時に指導的同志を片仮名表記して権力にその抹殺を懇願し、解放派を「反革命」規定して革命的指導部・労働者同志・全同志に対して「無制限無制約のテロル」 「軍事戦闘を基軸にした総せん滅戦」を宣言した、「党の一部門(=『分業』)として軍を建設する」というスターリン主義の軍事路線(「党董・路線巳)を信奉する白色テロリストである。
 建軍闘争の創生期を切りひらき拠点明大の不抜の基礎を築きあげた同志荻野(長田)佳比古、九州における拠点としての強化を果たしてきた同志森田俊(安部利昭)、非公然領域を牽引し解放派の全活動を最深のところから支えぬいた同志柿沼忠、六〇年代から反戦青年委員会−労組・労働運動を担い党・軍建設の先頭にたってきた同志仲野茂樹、そして京葉コンビナートのただ中に赤旗をたて、九九年七・二二弾圧の直下において仁王立ちになって労働運動をはじめ全戦線を牽引した同志矢野義孝−木元グループはこの同志たちが労働者階級の解放−全人民の解放の闘いにとってかけがえのない革命戦士であるからこそ虐殺した。
 われわれは、朝鮮反革命戦争粉砕、<三里塚・組対法決戦>のただなかで、あらゆる戦線に破壊と敵対をもたらしつづけている反革命集団の粉砕というわれわれ自身の歴史的事業として、そして権力闘争の飛躍と労働者・人民の新たな生と闘いの思想をうち鍛えともに前進していくための闘いとして貫徹する。
 白色テロリストどもを総せん滅しよう。白色テロルを粉砕・封殺する索敵・防衛−共同防衛の闘いを強化しよう。
 工場−地区を基本・基礎とした権力闘争−ソビエト運動を前進させよう. 明大・九大、「寄せ場」、「障害者」「病者」解放闘争を切っ先に、木元グループを解体・根絶し革命的拠点建設をおし進めよう。木元グループを全戦線から解体・一掃しよう。

* * *

 昨年十一月二十三日、朝鮮反革命戦争は延坪島付近での交戦をめぐって全面戦争の危機に突入した。時代は劇的に転換した。日帝はその出撃基地であり、事実上参戦していることが赤裸々になった。すべての労働者人民がどのような態度をとっていくのかつきつけられているのだ。時代の転換とはそのようなものである。新左翼は、六〇年安保と三池の闘いのなかから出発し、七〇年安保・沖縄決戦の大爆発を牽引してきた。解放派はそのもっとも階級的(工場からの反乱から街頭へ)でラジカルな部隊として最先頭で闘いぬいてきた。いま新左翼の路線転換と無力さのなかでわれわれこそがそのことを総括し、安保−米軍(・自衛隊)再編粉砕、朝鮮反革命戦争粉砕の闘いに全力をつくして闘う。
 排外主義・差別主義を粉砕し、勝利するために闘う労働者、被差別大衆の闘いに学び、南朝鮮の労働者人民の闘いに学び連帯して闘う。沖縄労働者人民の闘いに連帯し、アイヌ解放闘争に連帯して闘う。
 昨年末から福日労越冬闘争が闘われ、獄中から監獄解体・国家権力−弾圧機構解体の闘いが不屈に闘われている。組対法弾圧粉砕−獄中同志奪還を闘う。反戦・反権力の拠点=三里塚闘争が市東氏たたき出し攻撃粉砕、軍事使用粉砕に決起している。反対同盟故鈴木幸司氏の「闘えば必ず勝つ」をわがものとして反対同盟と固く連帯し三里塚人民抑圧空港廃港にむけて闘おう。
 「一国の労働者が他国の労働者に」発砲することを許さない、「塹壕での兵士の交流」−このプロレタリア国際主義の旗をかかげて決起しよう。
 ファシストをなぎ倒し、二・一一同志中原虐殺報復の鉄槌を革マルにうちおろし、木元グループ解体・根絶の猛攻をたたきつける。
 二月二十日、革命的労働者協会は首都東京で中央政治集会を開催する。<三里塚・組対法決戦>を勝利させ、朝鮮反革命戦争粉砕の総決起を実現するためにすべての闘う労働者、被差別大衆、学生、人民の結集を訴える。
 「労働者階級の解放は労働者階級自身の事業」−マルクス主義の根底的原則をしっかりとふまえ、貫徹して党・同盟・統一戦線の建設、共同戦線の強化にむけて闘う。いざ二〇一一階級闘争の戦場へ。


 (← 第8章 同志中原虐殺報復−反革命革マルを解体・絶滅せよ )


【 誤字脱字は転載の責任 】 (ページトップへ)

Copyright(C)ポリシー少数派. All Rights Reserved.