×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


万国の労働者団結せよ!
発行者 現代社

東京都杉並区下高井戸1-34-9

革命的労働者協会
(社会党・社青同 解放派)

【解放 972号 (2011/1/1) 《年頭論文》 】【 以下、無断転載・無断作成 】



はじめに
第1章 世界恐慌の深化と反革命戦争突撃
第2章 深まる恐慌−戦争突撃、菅連合政府による首切り合理化・増税−「社会保障」切りすて攻撃
第3章 2010年の闘いの地平−恐慌下・朝鮮反革命戦争下の、問われている飛躍の課題
第4章 朝鮮反革命戦争と対決しファシズム粉砕−プロレタリア権力闘争の飛躍へ
第5章 2011年の闘いの方針
第6章 排外主義−戦争突撃と対決し、「正規」−「非正規」つらぬく階級的労働運動の建設を
第7章 組対法・破防法攻撃を粉砕し共産主義的労働者党−非合法革命党建設を
第8章 同志中原虐殺報復−反革命革マルを解体・絶滅せよ
第9章 五同志虐殺報復−木元グループを解体・根絶せよ


第7章 組対法・破防法攻撃を粉砕し共産主義的労働者党−非合法革命党建設を

組対法−破防法攻撃を粉砕し、破防法攻撃と対決する党建設を

 朝鮮反革命戦争への突撃下、また全世界的な新たなストライキ・武装闘争の波が高揚していこうとしているいま、日帝国家権力は、戦時治安弾圧を激化させている。革命党への系統的計画的な破防法適用−解体攻撃と戦闘的大衆組織−拠点への弾圧の集中、そして革命党と戦闘的大衆との結合を破壊するためにあらゆる手口を駆使している。
 われわれは五・一三−二・一七弾圧により多くの同志を獄中に奪われ、しかしそのなかで公然−非公然、獄中−獄外を貫く党活動、統一戦線の活動を確立していくという歴史的格闘に躍りこんできた。そしてこの鉄火のなかで、多くの限界を克服し誤りをただし、全労働者・人民−被抑圧・被差別人民大衆とともに闘う党として、そして永続革命・世界革命を闘いぬく非合法革命党建設にむけて闘ってきた。
 破防法攻撃と対決して決戦を組織するために、第一に、党の非公然体制を日々強化し、そのなかで公然−非公然、獄中−獄外貫いて、非公然・非合法展開能力の強化と公然−非公然貫く組織的密集をかちとる。いかなる公然活動においても、日常活動の基底に非合法・非公然活動を内在させ、破防法攻撃−非合法化攻撃に対して労働者・人民が対抗するための路線と方法を提示し、組織化−拠点建設の成果を同時に非合法・非公然活動に蓄積していく活動を生みだしていく。いかなる非公然活動においても、労働者・人民に集中される矛盾を鋭敏にとらえ、機関紙活動を水路に組織化を進め、非合法−地下からも拠点建設を指導し推進する路線と方法を獲得し、そして「人民の海」の形成へとつき進んでいく活動を生みだしていく。この力を公然−非公然を貫いて実践的に獲得しようではないか。
 APEC下の「非公然アジト摘発」攻撃をうち破ってきた力をさらにとぎすまし、組対法−破防法攻撃をうち破ろう。
 第二に、そしてこのことを可能とする、非公然−公然を貫いた党機関活動を確立しなければならない。血みどろの死闘のなかでこそ軍事、非合法・非公然活動を体得し、また公然−非公然を貫く団結と組織活動を生みだしていくことができる。そしてこの力が拠点建設の力となっていく。機関建設とその防衛を徹底して強化する。組織破壊攻撃・スパイ攻撃に対して、全国組織の力で下手人を暴露し報復する。
 第三に、これらの闘いをとおして、そしてまた前提として機関活動(細胞−地区−中央の基本組織を軸に部局、相対的独自構成をふくむ)の確立・定着を闘いとり、そのもとに路線・方針−実践−総括をおし進め、思想闘争・学習を積み重ね、相互の検証力をもち一人ひとりの同志の飛躍・成長をともに促進しうる組織性・団結を獲得する。革命的労働者の闘いを基底にした階級的・革命的団結の形成こそがその核心である。資本の隷属支配と闘う労働者が権力闘争・党派闘争の最前線を担うという困難な課題を闘いぬいてきた。この闘いを核心として党防衛、共同防衛の闘いを前進させていく。
 機関紙・通信活動は非合法下において決定的な武器である。党の活動を基礎に読者会の綱を組織し、機関紙を武器に決戦下の組織化をおし進める。権力の機関紙つぶしの攻撃を粉砕し、労働者・人民、被抑圧・被差別人民大衆の闘いが豊かに反映する機関紙の形成は、党活動の基軸として展開したときに実現・飛躍する。機関紙防衛−組織化の武器としての飛躍にむけて集中しよう。
 財政活動の徹底強化をかちとる。財政強化は、破防法攻撃との闘いのためにも死活的である。機関活動の柱として日常的な財政活動を強化し、全同志、ともに闘う戦士の活動のなかに財政活動を組みこみ財政規模の飛躍をかちとる。すべての闘う戦士・読者・友人から決戦カンパを組織し、またこの闘いをとおして<三里塚・組対法決戦>の拡大・波及を組織する。
 第四に、敵の組織弾圧と対決し、弾圧とテロの時代を闘いぬく革命的共同戦線の堅持・前進をあらゆる可能な点から進める。朝鮮反革命戦争粉砕の闘い、ファシズムとの闘い、<三里塚・組対法決戦>の組織化はその決定的なテコとなる。闘いとってきた拠点・共闘(組織)を強化する。
 第五に、こうした再編と飛躍をとおして、全世界の革命運動との熱い連帯のなかで、革命綱領獲得の闘いをおし進める。

決戦戦略の展開−権力闘争の飛躍を推進する非合法党建設へ

 決戦戦略を展開し権力闘争の飛躍を推進する非合法革命党の建設−共産主義的労働者党建設の前進をかちとろう。そしてこのこの闘いをとおして闘う共同戦線を強化しプロレタリア統一戦線を深化・拡大し、全運動のソビエト的転換をおし進めよう。
 労働者・人民、学生に対してかけられた攻撃に対し闘う行動委員会運動を縦横に組織して、労働組合・学生自治会の階級化・革命化を促進し、工場・大学・地区に闘う拠点を作りだす。プロレタリア統一戦線・戦闘的共同戦線建設のなかから、コミューン・ソビエト権力樹立のために闘う革命党を建設する。
 党建設(−青年同盟建設)を、統一戦線諸組織=全国反戦・全学連・反安保労研建設と戦闘的共同戦線建設のなかからおし進める。政治討論を重視し、学習活動を不断に織りこんだ各級組織の政治的意思一致の日常的積み重ねのなかから、強固な組織建設、組織拡大をおしすすめる。この核心は機関紙の強化・拡大である。
 工場・学園・地区にプロレタリア革命の拠点を建設する。労働運動、農民運動、部落解放運動、「障害者」「病者」解放運動、学生運動、そして沖縄人民解放・日朝連帯・女性解放の闘い、闘う労働者、被抑圧人民・被差別大衆との共同した闘いをおし進め、その闘う拠点を建設する。戦闘的大衆組織とともに闘い、その運動的組織的強化を闘いとる。
 公然−非公然の統一した闘いを戦略的におし進め、非合法地下の防衛(革命党指導部防衛)とその維持・強化、発展を闘いとる。革命的危機の時代において、その戦略的意義は巨大であり、非公然・非合法の防衛された地下陣地をもった運動と組織こそが、弾圧をはね返し路線転換攻撃を粉砕しうる。
 五同志虐殺報復戦の鉄火のなかで築きあげてきた共同防衛を強化して闘う。
 国家権力の総力をあげた破防法弾圧、革マル・木元グループの敵対、右翼・ファシストの敵対・襲撃は革命党本部に集中する。革命党本部防衛は党・同盟・統一戦線つらぬく第一級の任務であり、労働者階級に対する責務である。これを断固としてやりぬく。
 獄内−獄外貫いた組織建設をおしすすめる。「獄中を戦場に」の闘いのなかから、獄中に革命党−プロレタリア統一戦線の革命的組織を作りだす。
 以上のために闘いの路線を深化しつつ、大衆的情宣行動、機関紙活動を中心とした宣伝・扇動活動を徹底して強化する。機関紙こそ政治討論−学習・意見交換の要であり、そして暴露・宣伝−大衆組織化の基軸である。機関紙の読み合わせ、拡大を全力でなしとげよう。
 労働者の組織化を、被抑圧人民・被差別大衆の組織化を、学生の組織化を、圧倒的な青年の組織化を。いまこそ縦横に闘い、縦横に組織化を。

プロレタリア統一戦線勢力の隊列の強化・拡大をかちとろう

 朝鮮反革命戦争下プロレタリア権力闘争の飛躍にむけて闘う政治部隊の建設が急務である。
 反戦青年委員会は、議会主義と組合主義の制動を突き破り、激化する戦争とファシズムの総攻撃と真っ向から対決し、実力闘争・武装闘争で闘う労働者人民の政治部隊だ。戦争前夜情勢こそ反戦青年委員会の力が発揮される。「明日ではなく今日・現在」の決起が要請される戦争粉砕行動は恒常的な政治部隊の形成を不可欠とする。全国反戦は革マル・木元グループの敵対やファシストの敵対を粉砕し、 <三里塚・組対法決戦>の最先頭を担い、朝霞闘争からAPEC粉砕闘争に全力で決起してきた。そして十一・二三交戦をうけてただちに街頭に決起した。そして二〇一一年、三里塚決戦から朝鮮反革命戦争粉砕の実力闘争にたちあがろうとしている。革労協は全国反戦とともに青年労働者被差別青年の政治決起とその組織化のために全力で闘う。
 反安保労研全国センターは十二・五全国研究交流集会を熱気をもって貫徹し、一〇ー−一越年越冬闘争に決起し、一一反戦・反合・政府打倒春闘の総決起をかちとろうとしている。戦争−排外主義と対決する労働運動建設は日本階級闘争−労働者階級の闘いの帰趨を決する闘いである。連合が菅連合政府や経団連=資本と一体となって対中国・対北朝鮮排外主義を扇動し軍事産業の育成に加担し、全労連が「愛国主義」を前面におし出してきているいまこそ、職場から反戦の炎を燃やし、総翼賛化をうち砕いていかなければならない。七〇年安保・沖縄決戦に「工場の反乱から政府打倒へ」をかかげて出発した反安保労研の歴史的地平にかけて闘おうとしている。
 恐慌の深まりのなかで派遣・期間工・パート労働者のたたき出し、野宿労働者のたたき出し攻撃が激化した。そして二百二名の日航労働者に十二月三十一日付での首切りが通告された。「非正規」から「正規」へと資本の暴虐な攻撃が拡大し激化している。政労資一体となった首切り攻撃のときこそ行動委員会が真価を発揮するときである。反安保労研全国センターは行動委員会建設をもって労働者の組織化に全力をつくそうとして闘っている。革労協は反安保労研の闘う労働者とともに総翼賛化攻撃粉砕、行動委員会建設、反合実力闘争・実力争議の闘いの組織化に全力をつくす。
 全学連は、日帝の戦争突撃と学園の兵営化攻撃に全力で反撃を開始しようとしている。ギリシャでフランスでイギリスで、全世界でふたたび学生の反乱がはじまった。支配者階級が経済破綻のつけを労働者や学生におしつけて延命することにきっぱりと拒否をつきつけている。学費値上げ反対から労働者の年金改悪阻止の闘いに対する共闘そして反革命戦争に対する実力反撃が開始されている。ストライキ・街頭闘争が闘われ、イギリスでは皇太子チャールズの車を囲んで破壊した。韓国では予備役徴集の攻撃に抗して反戦の旗をかかげようとしている。
 日帝足下の学生は競争と分断−「能力主義的」教育、産学協同路線の強化、レッドパージと学内戒厳令、学園の兵営化攻撃のなかで怒りを燃やし闘いを求めている。革命的学生運動は、五・一三弾圧−二・一七弾圧をうけた困難な状況のなかでも三里塚決戦に集中し、「寄せ場」労働運動にこだわり、狭山−部落解放闘争にこだわり、地域で生きかつ闘う「障害者」「病者」の介護闘争に関わり、そして朝鮮反革命戦争粉砕の闘いに決起してきた。全学連はこの闘いをおし進めつつ、明大・九大拠点化−全国学園に進撃しようとしている。革労協は全学連の闘いとともに革命的学生運動の飛躍と学生の組織化に全力をつくす。
 革労協は現在直下に問われている課題に全力でむきあいながら、戦争前夜情勢のなかで非合法革命党建設に全力をつくす決意である。この闘いはひとつに、反革命革マルに虐殺された同志中原・同志石井、革命闘争途上に倒れた同志山屋をはじめとした諸同志、木元グループに虐殺された五同志、そして権力闘争・党派闘争の火を燃やしつづけていった同志狭間などの同志の遺志をひきつぎ、革マル、木元グループ解体戦の鉄火のなかでの事業であること、そしてこの党建設のなかに解放派の結成以来の思想的・組織的確信である「労働者階級の解放は労働者階級自身の事業である」ことを貫くことである。ほかならぬ解放派から「働きながら革命ができるのか」と言い放ち、首切りを推進するミニ・スターリン主義集団を生みだした根拠をいまこそ徹底して総括していかなければならない。「階級性」は言葉ではない。実態として、国家権力・資本の専制支配・隷属支配と闘う労働者を多数組織し、この階級的利害が党組織のなかで貫かれなければならない。このことぬきにコミユーンの原則は貫徹できない。われわれはこの困難なしかしマルクス主義の原則をつらぬいた共産主義的労働者党−非合法革命党建設に全力をつくす。
 現在直下、全世界で権力・資本の支配・隷属−搾取・収奪に命をかけて対決している労働者・人民と連帯しその死闘を共有し、またこれまでの階級闘争の歴史のなかで当然のこととして決起し倒れていった多くの戦士に共感しその闘いをわがものにして闘おう。プロレタリア解放−全人民の解放のために死を賭して闘い、プロレタリア的・革命的団結−共同性の飛躍をかけ、権力闘争の飛躍をおし進める非合法の共産主義的労働者党を建設しよう。


 (← 第6章 排外主義−戦争突撃と対決し、「正規」−「非正規」つらぬく階級的労働運動の建設を )
 (→ 第8章 同志中原虐殺報復−反革命革マルを解体・絶滅せよ )


【 誤字脱字は転載の責任 】 (ページトップへ)

Copyright(C)ポリシー少数派. All Rights Reserved.