×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


万国の労働者団結せよ!
発行者 現代社

東京都杉並区下高井戸1-34-9

革命的労働者協会
(社会党・社青同 解放派)

【解放 972号 (2011/1/1) 《年頭論文》 】【 以下、無断転載・無断作成 】



はじめに
第1章 世界恐慌の深化と反革命戦争突撃
第2章 深まる恐慌−戦争突撃、菅連合政府による首切り合理化・増税−「社会保障」切りすて攻撃
第3章 2010年の闘いの地平−恐慌下・朝鮮反革命戦争下の、問われている飛躍の課題
第4章 朝鮮反革命戦争と対決しファシズム粉砕−プロレタリア権力闘争の飛躍へ
第5章 2011年の闘いの方針
第6章 排外主義−戦争突撃と対決し、「正規」−「非正規」つらぬく階級的労働運動の建設を
第7章 組対法・破防法攻撃を粉砕し共産主義的労働者党−非合法革命党建設を
第8章 同志中原虐殺報復−反革命革マルを解体・絶滅せよ
第9章 五同志虐殺報復−木元グループを解体・根絶せよ


第8章 同志中原虐殺報復−反革命革マルを解体・絶滅せよ

反共主義・国粋主義、ファシストとの一体化にひた走る反革命革マル

 昨年十二月、黒田寛一とならぶ反革命革マルの頭目・松崎明が死亡した。
 松崎は、国鉄労働者をはじめとした闘う労働者・人民の怒りに震えあがり、最期まで革命的テロルにうち倒されることに恐怖しながら、権力に手照く保護されつつ震えながら死んだ。
 松崎は、黒田とならぶ反革命革マル・白色テロル下手人である。そして一九七八年動労津山大会で、三里塚闘争との絶縁=破壊と国鉄分割民営化の全面推進を決定したことに示される、国鉄分割民営化の尖兵、日本階級闘争破壊の尖兵である。
 松崎−動労革マルは、二十万人もの国鉄労働者の首を切るその尖兵として、闘う国鉄労働者に白色テロルをしかけ、二百人を越える自殺者を生みだしたその最大の下手人である。国鉄労働運動「内部」からの松崎−動労革マルの呼応・推進なくして、国鉄分割民営化は決して実現できなかった。そして、警察官僚秦野、後藤田などにとりいり、反革命としての延命をはかってきた。
 革マル副議長松崎は、闘う労働者・人民にとって、八つ裂きにしてもあきたらない反革命である。
 松崎は、二〇〇七年から機関誌『われらのインター』を発行し、「黒田の第一の弟子」として現在も革マルであることを公然と表明しつつ、他方でファシスト・転向者を抱えこみ国粋主義・天皇主義であることを表明しつづけている。ファシスト・一水会鈴木邦男を常時登場させ、ファシスト野村秋介の歌集を松崎自身が紹介し「野村烈士」などとあがめ奉り、コーゴーミチコをもち出して「美智子さん…母を見た。人間を見た。…索直に、日本人を感じた」(『われらのインター』No24−2009年8・15付)と天皇主義者であることを表明している。松崎の反革命的図々しさは枚挙にいとまがない。
 われわれは、黒田に続き松崎もわが革命的テロルで打倒しえなかったこと−同志中原・同志石井、多くの対革マル戦士たちの営為に誓ってきた任務をまっとうしえなかったこと−を痛恨事としてかみしめ、怒りを倍加させて反革命革マル解体・絶滅戦にたつ。

朝鮮反革命戦争を推進する武装反革命=反革命革マルを打倒せよ

 反革節革マルは、十月にはいって日帝の釣魚台領有化攻撃を諸手をあげて賛美している。
 反革命通信紙上で、「中国政府の尖閣諸島『領有』策動反対!」をメインスローガンとしてかかげた。「十・二四全国統一行動」のメインスローガンに「中国政府による尖閣『領有』策動弾劾!」をかかげて行動した。
 十月八日には中国大使館に対する「尖閣列島領有弾劾」の、文字どおり日帝の領土要求をかかげた排外主義デモを組織した。革マルの中国大使館デモは、田母神らファシストどもの「頑張れ日本!全国行動委員会」の十・一六中国大使館デモの先導役となったのである。
 そして、数限りなく反中国排外主義を煽動しつづけている。
 何の留保もなく日帝呼称「尖閣諸島」をそのまま使い宣伝し、中国胡錦濤政府に対して「いよいよ図にのり増長している胡錦濤政権」「胡錦濤政権が意図的に仕組み仕掛けた攻撃」と罵倒しつづけ「菅政権に傲然たる恫喝を加え」と日帝と同じ憎悪をたぎらせ、海上保安庁による中国漁船に対する戦闘行動に対しても、「中国国内では、メディアを使って日本の巡視艇が漁船にぶつかってきたと”百八十度逆”に宣伝」と日帝の主張をそのままくり返している。
 そして「”対米自立”を志向し・中国との国家的友好関係も重視すべきことを改めて主張している鳩山・小沢ら」と小沢を賛美し、小沢派に潜入して延命を図りつつ、「小沢一郎は、独占ブルジョアどもの要求・利害を汲み、『お国のため』と使命感をたぎらせて、”対米自立”の持論を前面におしだして再度のまきかえしにうってでるにちがいない」と小沢の復権を願望している。
 こうして反革命革マルは、黒田寛一の国粋主義思想そのままに、真性国粋主義者・排外主義者としてひたすら純化している。革マルは、米帝・日帝の朝鮮反革命戦争突撃に対して、排外主義扇動者=戦争遂行勢力として登場した。「新左翼」の仮面をかぶった反革命から、その仮面も取り払いファシストへと転進していく可能性と必然性をもつ勢力となっている。そして、「黒田派」と「松崎派」への「分裂」という事態は、革マルの権力に寄り添った延命のための虚構である。
 松崎−JR総連革マルは現役の革マルである。革マルという反革命党派の役割分担として、党派と労働組合を演じ分けているにすぎない。松崎は黒田の一番弟子であり、死ぬまで現役革マルであった。「党派」を名のる限り革マルが公然とは手を染めることがはばかれる、きわめつけの反革命としての言動を松崎が推進したのである。
 そしてこの両者は実践的には何一つ対立せず、お互いに何一つ批判せず、国粋主義者として延命を図っている。
 参院選で革マル−JR総連は、JR総連の生粋の革マル分子田城郁を立候補させた。革マル−松崎は、そのために小沢一郎に必死でしがみついてきた。革マル反革命通信でも『われらのインター』でも、小沢を「反米」の戦士として褒めちぎり持ちあげ、その小沢に対する刑事訴追の動きに対しては「米帝の策謀」として断罪しつづけてきた。JR総連は「激励」と称して小沢もうでをくり返した。
 松崎は、ゴリゴリの天皇主義のもとにさまざまな運動体をひきずりこもうとしているのであり、そのために、革マル分子が国鉄労働者にテロをしかけた「浦和事件」をネタにしているのだ。「冤罪」も「反権力」も、すべては撹乱のためのデマである。
 しかしこのような策動は、革命的・階級的な怒りに燃える労働者・人民にとっては、革マルの脆弱な脇腹を絶好のターゲットとしてさらすものである。国鉄労働運動破壊と治安弾圧を「党是」とし「公約」とする徒党には、反革命としての恥多き死しか許されない。
 われわれはこの革マル−「黒田派」「松崎派」を、一つのものとして解体・絶滅する。戦争下の排外主義尖兵として、朝鮮反革命戦争に対する鉄火の闘いのただなかで打倒する。

同志石井虐殺報復36年、同志中原虐殺報復34年の猛攻を

 反革命革マルは、暴力革命−プロレタリアートの武装に対する「綱領的」な嫌悪と否定をもって出発した。黒田は、一九五九年七月『探究』七号に載せた「レーニン『国家と革命』への疑問」の中で、「『国家の粉砕』といっても、なにも、ブチコワシやコロシをやるわけではありません」 ブルジョア支配階級は、警察・軍隊をたえず動員して、プロレタリアートの示威運動や政治=階級闘争を弾圧しつづけています。これをぶち破りうる力は、火焔瓶でもなければ、竹ヤリでも、ピストルでもありません。全世界のプロレタリアートの団結!団結! そして団結!です。武力闘争は、ただ、この闘いの一補助手段にすぎません。先進資本主義国における革命において、まっさきに武器などをつかわなければならぬというような事態が発生することは、むしろプロレタリアート敗北の一要因に転化するでしょう」とあけすけに言っている。
 六九−七〇決戦において「『革命主義』『武装蜂起主義』粉砕」をかかげて敵対した革マルは、七五年六・二四反革命=「武装=反社会的集団」規定をもっての石井同志虐殺、指導部指名テロ−大量虐殺テロ(未遂)の凶行、七七年二・一一反革命=中原同志虐殺をもって武装蜂起の準備の破壊、共産主義者・革命者の虐殺と革命党の破壊を存在意義とする反革命へと転化した。
 革マルは、七七年二月十一日、革労協の最高指導者・比類なき共産主義者=中原一同志に対してピッケル様の凶器で頭部のみを狙い虐殺した。六・二四報復戦の爆発に追いつめられるなかでの起死回生をねらった白色テロであり、同時に対革マル党派闘争の死闘戦と相互媒介した権力闘争の飛躍の推進・指導に恐怖した革命党破壊のための反革命である。
 われわれは「革命党の廃墟のうえにプロレタリア革命の勝利はない。報復戦は革マルの解体・絶滅までやむことはない」と宣言し、全党−全潮流(全軍)が二・一一報復戦に総決起してきた。七七年四・一五革マル実質書記長藤原ら一挙四名打倒をはじめ、解体・絶滅の猛攻をたたさごんでさた。
 われわれは、七七年四・一五戦闘、九六年五・一四「中央学生委員会」五十嵐打倒・国学院革マルせん滅の地平をひきつぎ、同志中原・同志石井虐殺報復戦を完遂し、反革命革マルを解体・絶滅する。
 植田、柳葉、前原、土門、朝倉、西條ら政軍中枢を打倒せよ。「自首」=投降−権力との結託をこととする白色 テロ部隊=「特行」を総せん滅せよ。学生革マルせん滅−東大・早大の拠点化をかちとれ。JR総連革マル・産別革マルをせん滅−一掃せよ。


 (← 第7章 組対法・破防法攻撃を粉砕し共産主義的労働者党−非合法革命党建設を )
 (→ 第9章 五同志虐殺報復−木元グループを解体・根絶せよ )


【 誤字脱字は転載の責任 】 (ページトップへ)

Copyright(C)ポリシー少数派. All Rights Reserved.